大人ニキビ 治療法

大人ニキビは思春期のニキビとは違い、現代社会の忙しさで食事や睡眠が、不規則になって、ホルモンバランスの乱れやストレスなどによる大人ニキビの治療のしかたを教えましょう。

寝不足やストレスによって男性ホルモンが多くなります。それによってお肌の潤いやターンオーバーが乱れます。よって、体調を女性ホルモンが活発になるような規則正しい生活とビタミン、ミネラルをとる食事が大切です。 大人ニキビ=ホルモン療法を踏まえた上で、ご自身の症状にあわせて対処したほうがよいです。 症状は初期状態からかなり重傷な炎症まであります。

 

初期のケア

まず、毛穴が詰まってしまう原因を取り除きます。

実は、毛穴を収縮させて角栓によって詰まりやすくしてしまう原因は男性ホルモンの過剰分泌であることがわかっています。そこで女性ホルモン(エストロゲン)をキープできればよいことになりなす。大人ニキビの根本治療としてはエストロゲンを増加させるホルモン療法がもっとも理にかなっています。そして、お肌の機能は角質層の水分量に比例しますから、角質層を保湿することで角栓が出来にくくなります。

よって、初期のニキビ予防の最前線は女性ホルモンと保湿にあります。

 

白ニキビのケア

角栓によって塞がった毛穴の内部に皮脂が溜まりつつある状態ですね。コメドと呼ばれ、肉眼でニキビを確認できます。女性ホルモン優位の状態が維持できるようにホルモンバランスを整える治療法がよいでしょう。

すでに発生したニキビの治療としては、医療機関での面法圧出がオススメですよ。この段階なら、すぐに完治させることが可能です。 黒ニキビのケア 毛穴の詰まりをケアするディフィリンゲル、ピーリング効果を持つサリチル酸ワセリンといった外用薬による治療が一般的です。黒ニキビを消失させる方法として面皰圧出が行われ、毛穴の目立たないキレイな皮膚を取り戻すことが可能です。

サプリメントの摂取で一定の予防効果があります。ターンオーバーを促進するビタミンB2、肌のバリア機能を若干ながら強化するビタミンB6、美白効果のあるビタミンCのサプリメントですね。

 

赤ニキビのケア

毛穴内部でアクネ菌が増殖しリパーゼという脂肪分解酵素によって皮脂を遊離脂肪酸に分解します。放っておくと赤く炎症を起こす可能性が高いのです。炎症を起こすと、赤く腫れあがります。もはや重症化した皮膚炎と考えます。炎症を押さえるために抗生物質やステロイドを一時しのぎで使います。結局、原因となる男性ホルモンの量を低下させ、女性ホルモン優位の体質に改善することが重要な治療です。

黄ニキビのケア

これは化膿ニキビとなります。炎症が表皮の奥にある真皮層にまで達していて跡が残る可能性が高い状態です。アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌までも増殖しています。自分で潰してしまうと、ほぼ確実にクレーターのような瘢痕が残ってしまうので、絶対に触ってはいけません。

強力な内服抗生物質であるエリスロマイシン、テトラサイクリン、ミノサイクリンなどが用いられることが多くなり、炎症の程度によっては、ステロイド剤の注射を実施する可能性でてきます。さらに、男性ホルモンを低下させて肌の状態を改善するアルダクトン錠、低容量ピルを用いて、症状を大幅に緩和することがたいせつです。

日常ケアとして、イソフラボンなどの女性ホルモン類似物質を活用した医薬品、化粧品による改善策も有効です。

 

紫ニキビのケア

嚢腫、結節性ニキビといい、炎症と化膿を繰り返し、赤黒くなっているケロイド状態のニキビについてもそういいます。毛穴の周囲にまで炎症が及び、この状態になってしまうと、治癒後もニキビ跡が残ります。もはや自力でのケアは不可能ですので、1日でも早く医療機関を受診することです。

ニキビ跡を残したくないなら!! Reproskin(リプロスキン)

 

 

© 2016 大人ニキビ rss